FX取引に関しては海外FX業者の優位性

海外FX業者に口座開設し、外国為替証拠金取引を行うことを海外FXと言います。
海外FX業者は日本のFX業者と取引方法に違いがあります。
海外FX業者はNDD取引(ノーディーリング・デスク)という取引方法を採用しており、トレーダーの仲介者として手数料(スプレッド)を得る仕組みです。
よって取引量が増えれば増えるほど、業者の収益につながる為、トレーダーが勝つために情報提供やアドバイスを積極的に行っています。

また、海外FXでは、100倍や400倍と言ったハイレバレッジをかけての取引が可能です。
国内ではハイレバレッジをかけて大きな損失を発生させる個人投資家が増えたことで、レバレッジ規制が施行され、個人口座で最大25倍までと定められています。
国内のレバレッジ規制の影響を受けない海外FXのレバレッジですが、中には800倍以上と言ったハイレバレッジを提供するところもあります。

預入証拠金は多ければ多いほど稼ぎやすいです。

しかし資金の少ないトレーダーでは多くの資金を入金するのは難しいです。
そんなトレーダーでもハイレバレッジをかけられることで、効率よく稼ぐことが期待できるのです。

国内FX業者ではロスカット水準と言うものが設けられています。
保有しているポジションの評価損が決められたレベルに到達した時、これ以上損失が膨らんでしまうのを防止する働きがあります。

ですがリーマンショックなど大きな為替変動が見られる時や、月曜の早朝に大きな窓を開けた時などでロスカット水準を大きく割り込むことがありました。
ハイレバレッジをかけていると預入証拠金を上回る損失が発生することがあります。

海外FX業者であればそんな時でもゼロカットシステムが採用されているため、証拠金を上回る損失が発生しないのです。
保有しているポジションとは逆に為替相場が大きく動いてしまっても証拠金ゼロでロスカットされます。
預入証拠金はゼロになってしまいますが、ハイレバレッジをかけても預入証拠金までにリスクを抑えることができます。
ハイレバレッジでより効率の良い取引を行う場合は、ロスカット水準にも着目して業者を選択するようにしましょう。
以上のようにレバレッジを用いたFX取引に関しては海外FX業者のほうが優位性があります。

さらに海外FX業者では、口座開設や入金をするだけで、入金額に応じたボーナスが付与される業者があります。
そのボーナスを用いてハイレバレッジをかけて大きく稼ぐと言ったことも期待できるのです。
このボーナスを現金として受け取りするには、一定回数以上の取引を行うことと言う条件が付いている場合が多いので、注意が必要です。
日本の業者でもキャッシュバックキャンペーンを行っている業者もありますが、取引条件も厳しく、海外業者の豪華なボーナスシステムには敵うものはありません。
一部の海外FX業者には悪質なところが見られますので信頼性の高いところに口座開設することが重要です。